生きづらい日々

オーストラリア在住27年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

ただいま妄想中

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:22度
最低気温:14度
お天気:晴れ
昨日一日の調子:±(6日間)
今朝の調子:-1(3日目)
調子表はこちらクリック


ああ、しょっちゅう同じような事を
言ってますが、何もやる気が出ません。


うつ病の精神運動抑制です。
(何か知りたい人は↑をクリックしてください)


ずーっと寝転がっていたいです。


だけど、そうもいかないので
今日もわんこの攻撃に耐えて
朝10時までベッドで過ごさせていただきました。


だけど、薬を飲まないといけないので
やはり10時には起きだしてきますけど
本当言うと、薬もベッドの中で飲みたい。


だから、誰か水と薬をベッドまで
運んできてくれたらいいのになんて思ってしまう。


億万長者だったらいいのになあ~。


そういう身の回りの事全部やってくれる人を雇えるし。


手をパンパンってならしたら
「はい、ご主人様」なんて言いながらやってきて
私はベッドの中から指示を出す。


ああ~、気持ちいいだろうなあ~っ!
くぅ~~!たまらんわ。(妄想中)


だけど、こういう私は絶対に一生貧乏生活なんですよね。
億万長者になる人って、多分私のように
貪欲な人はいないと思います。


私、金、金、金欲しい~とお腹真っ黒人間ですもん。笑


なので、こういう貪欲な人間は、貧乏と決まっているんです。


はい。


さて、昨日は一か月に一回、お薬をもらいに行く日でした。


いつも一か月分つづもらってきます。
お薬が切れそうになると、薬局から
テキストメッセージで連絡をくれるんですね。


取りに行くのを忘れないように、お薬取りに来る時ですよ
取りに来てくださいねって連絡くれるんです。


連絡が入ったら取りに行ってきます。


勿論、人恐怖症と引きこもりですから、
すぐにはいっ!って簡単に取りに行けるわけではないです。


貧乏人の私は、手をパンパンってして
お薬取ってきて頂戴、なんて言える人がいないので
自ら、外に出るのが嫌だ~、行きたくない~という
気持ちと闘いながら、何とか外出して
いつもお薬を取りに行きます。


昨日も何とか無事に行ってこれました。


大変なエネルギーを消費しました。


さて、お金持ち妄想、もう少し続けて幸せ気分に
浸るとするかな。


ふっふっふ( ̄ー ̄)