生きづらい日々

オーストラリア在住27年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

娘の初夢怖すぎ

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:30度
最低気温:19度
お天気:晴れ
昨日一日の調子:±(20日目)調子表はこちらクリック


プラスマイナス様~。
アリガタヤアリガタヤ
どれだけ続いてくれるのか嬉しくて仕方がありません。


以前、私の初夢の話を書いたと思うのですが
今回は娘が話してくれた娘の初夢の話を少々。


娘は真顔で、


「大嵐が来て、私たち三人全員死んじゃうの」
(三人とは、次男、娘、私の三人です)


おー まい ごっど


なんて初夢を見てしまったのでしょう、娘。。。
しかし真顔でさらりと話す娘にも背筋がぞっとする
思いがしました。


怖いよ、、、娘、、、


これ、いい意味にとらえたいんですけど
どうとらえたらいい意味になるでしょうねえ。。。


去年の私の病みに病んだ人生が一新されて
生まれ変わったかのようによい一年がやってくる。。。


とか。。。


無理しすぎの解釈かな。。。


死の夢は、必ずしも悪いこととは限らないと
以前どこかで小耳にはさんだような気がします。


そう、新たな人生の始まりとか、そういう感じの事。


今年一年、よい一年になりますように~。(-人ー)