生きづらい日々

重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で苦しい毎日を過ごしています。自分が何なのかわからず、自分を探しています。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

ホームレス生活

住む家はなくなってしまいました。ホームレスです。。。三人の子供を抱えた(しかも一人は赤ちゃん)母子家庭ホームレスです。


状況的に、仕事も行けていないし(もうこの頃からうつ病で苦しみ始めていた)、持ち金ゼロ、すぐに家も借りられませんでした。家を借りるときには、預金額や収入状況、仕事の有無、その他諸々の審査、申請が必要で、私の状況では当然書類提出の時点ではねられ、借りられませんでした。


荷物は旅行スーツケースが三つと(私用、長男用、次男用の三つ)、子供たちそれぞれのリュックサック一個づつ。赤ちゃん用品を詰めた大型ボストンバッグ一つ。公的な公園で寝泊まりしながら海辺に設置してある公的で無料の水シャワー(海水浴に来ている人用で、お湯なんて出ません)とトイレを使用し始めました。


弁護士さんに相談に行きましたが、海外に逃げたことで、海外専門の弁護士を雇うことになり億単位という資産が私又は相手にない限りは、お金を取り戻すことも、裁判を起こすことも何もかもできないので(マイナスになるだけ)、結局泣き寝入りという形でオーストラリアに戻ってくるのを待つか(いつ戻ってくるかわからない)諦めて新しい人生を切り開いていくかという結果になりました。


私はもうホームレスです。。。ですが子供三人への責任もあります。過去を振り返って悔やんでも仕方がありません。どうしようもない事を悩んでも仕方ありません。子供への責任を果たすため、前を進むしかありませんでした。進むにしてもどうしたらいいのか露頭に迷っていましたが。。。(^^;)うつ病発症していたし。。。


離婚等の事の話し合いも何もなく、そのまんまで海外逃亡されたので、まだ法律的には夫婦関係が成立していた為、嫌でもこの先連絡を取っていかなければならない為、私の携帯電話は変えていませんでしたから、そこに、思っていた通り、ある日彼から悪びれもなく連絡が入りました。


私が子供たちと共にホームレスになって露頭に迷っている間、何とも普通に世界一周旅行を楽しんでいるようでした。どれだけ楽しんでいるのかを私に延々と話して聞かせました。怒りって、頂点に達したら怒りじゃなくなるんですよね。無感情になるんです。なーんにも感じないんです。まるで、どこか遠くで誰かが話をしているのが、耳にかすかに入ってくるような感じなんです。真実味がないというか、なんか、ぼーっと上の空でテレビのドラマをみているような。。。不思議な感覚。自分の身に起こっているような感覚じゃなくなるんです。とても他人事のように、冷静に物事を見られるというか。。。


そんな彼は、オーストラリアに帰りたい。また一緒に暮らさないか、と話してきました。愛しているんだ、とまで言ってきました。私は淡々と、元に戻る気はない。と答えました、すると、エジプト、レバノン、中国、タイ、フィリピン等、世界旅行を楽しんでいるときに、一週間、中国を訪れた際に、その中国で、ある女性と知り合って、その人と結婚したいから、今すぐ離婚しろ、との事でした。


たった数秒前、私をまだ愛している、オーストラリアに戻りたい、また一緒にやり直さないか、と言った・・・その数秒後、中国人と結婚するから離婚しろって、彼の頭の中、一回殴り割って神経回路を見てみたいくらいでした。でも、元に戻る気はないので、離婚を承諾しました。これ、愛している、やり直そうから離婚の話まで一分間くらいのやりとりで済んだんです。笑いますよね。どんな神経してるんだ。


その時点で言われたことは、離婚となる以上は、オーストラリアには間違っても戻ってこない(こういう所は悪知恵が働いてかしこいです。こういう能力を、人を利用する為に使うんではなくて、家族の為に一家の主として、家族を守るために使ってほしかったです)との事で、国際的な弁護士を雇ったり何年もかかって国際的な裁判を起こすお金もないし、この旦那とやり直す気もなかったので、お金なんてくれてやる、と、離婚を1も2もなく承諾しました。


離婚するに当たって、書類等いろいろな事を彼とやりとりしなければならず、それはクレジットカードでの借金になりましたが、それで弁護士を通じて全てやってもらいました。離婚に関しては、双方承諾している事、一方は海外逃亡中でも連絡が取れており、オーストラリア国内での書類手続きである事から、あまり費用的にはかかりませんでした。それでも費用は全て私持ち、離婚手続きは全て私任せでした。