生きづらい日々

オーストラリア在住27年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

うつ病は脳の病気です

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:19度
最低気温: 8度
お天気:雨
昨日一日の調子:-1(2日間)
今朝の調子:-1(3日目)
調子表はこちらクリック


何とかマイナス1で安定してくれています。
贅沢言えば、±くらいで安定してくれたら
有難いのですが。。。


明日は娘の歯科矯正の治療の予約日です。
朝8時半に予約がはいっていますから
7時半には家を出ないといけません。


いつもよりも早起きしていく必要があります。


だけど、うつ病は、朝がキツイんですよね。。。
(必ずしも全てのうつ病患者に当てはまるわけではありません。
一つの症状として、です)


朝は兎に角体が重くて倦怠感が強くて、起きられないんです。
眠気も半端ないです。辛いんです。


しかも人恐怖症もあって引きこもっていますから
こういうちょっとした事に対応するのには
酷い努力が必要となってしまいます。。。


大丈夫かな。。。


大丈夫


大丈夫


大丈夫


自分に言い聞かせますが、うつ病は気持ちの病気ではありません


うつ病は、脳の病気です


セロトニンやノルアドレナリンといった幸せや元気の元となる
脳内物質が、何らかの理由で、脳神経細胞間でうまく
伝達できず、取り込めなくなってしまう脳の病気なんです。


なので、いつも酷く疲れていて辛いんです。
なのでいつもネガティブになってしまうんです。
悪化すると、命さえ絶ってしまいたくなるんです。


自分で言い聞かせてどうにかなるのなら
うつ病ではありません。


気持ちの持ちようでなんとかなるわけではありません。


気分の病気ではありません


よし、セロトニン取り込むぞ~って、急に脳が
セロトニンを気合で取り込みだしたら病気ではありませんよね。


それはそれで怖すぎ。。。(^^;)


インチキ臭いマジシャンだ。


なので、うつ病患者の気持ちに寄り添い、うつ病患者の
立場に立って優しい言葉をかけてくださる事は
この上なく有難い事です。感謝しかありません。


でも、アドバイスは逆効果です。


ああしてみれば、こうしてみれば、というのは
病気でできないので、できない自分をさらに
責めてしまって、さらに病状が悪化しかねません。


逆効果になってしまいます。


多くのうつ病患者は、元気だった頃は
人一倍の努力家で、生真面目で、何でも自分が
背負いこんで頑張って頑張って頑張りすぎる人が
かかる病気なので、病気になってしまって
正反対になってしまった自分をいつも責めて
過ごしています。


いつも自分でも、ああしなくちゃ、こうしなくちゃ
何でできないんだ、、って苦しんで生きています。


なので、アドバイスは逆効果になるんです。
出来ない自分をさらに追い詰めてしまうことに
なってしまいます。


もし、皆さまの周囲にうつ病患者の方がいらっしゃったら
辛さを受け入れてあげてください。


受け入れ、認め、許してあげてください。


だけど、優しさの強要や押しつけは決してしないようにしてください。
それも酷いストレスとなり、病状の悪化につながります。
強要や押しつけは、受け入れ、認め、許すことではなく、
逆にアドバイス化、命令化してしまいますので、うつ病患者さんを
追い詰めてしまい、病状を悪化させてしまいます。


難しいですよね。。。(^^;)何言ってんだか私。


うつ病の皆さん、自分ではどうする事もできないのが
この病気。病気ってそうですよね。自分ではどうする事も
できないのが病気なんですから。


辛くて動けない時や辛い時は、これでいいんだ。。。って
自分を受け入れ、認め、許してあげましょう。


自分を許してあげましょう。。。


。。。って、そんな事言ってる私自身が
全然自分を受け入れてないし、認められないし、
許してあげられないので、滅茶苦茶苦しんで
毎日過ごしてますので、偉そうに何を言ってるんだ
ですよね。。。(^^;)へっへっへ。