生きづらい日々

オーストラリア在住26年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

うつ病の症状、精神運動抑制

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:21度
最低気温: 4度
お天気:晴れ
昨日一日の調子:ー1(4日目)調子表はこちらクリック


今朝も4度とかなり冷え込みました。(><)
布団に入っていても寒さを感じて目が覚めました。


だ~け~ど~


寒いと震えながらも布団から出られない私。


今朝10時過ぎまで震えながら布団の中で頑張ってました。笑!


今、ようやく起き上がってきて、洗濯機を回し
歯を磨き、ブログ開始!


あ~あ~。。。もうダメだ。何にもする気がしない。


このうつ病の症状を、


「精神運動抑制」


と言います。


これは「精神機能の抑制」と「運動性の抑制」
を合わせた総称です。(ここからはあるホームページの
記事を引用させていただきます。)


精神機能の抑制では、忘れっぽい、覚えることが苦手になる、頭が早く
回転しない、自分では決定できない、集中力がなくなるといった軽い
認知症に似た症状が出現します。


実際、「主人が最近ぼけてしまったみたいで...」と、奥様がご主人を
連れてきて、面接してみると精神機能の抑制が前面に出たうつ病だった
という事例もある。こうしたケースは「仮性痴呆」と呼ばれる。


そう、うつ病って、認知症みたいになるんです。
私はこれを、お医者さんに記憶障害と病名付けられました。


これに対して、運動性の抑制とは、何もやる気にならない、おっくうで
ある、面倒である、などの症状をいう。(うつ病になる前は
殆どが正反対のテキパキ、バリバリと何でもこなして
忙しく動いていた人が多いです。)


そう、そして、動きものろくなり、ゆっくりしか動けなくなるんです。
そして何もかもが出来なくなってしまうんです。体に何十キロもの
おもりを取り付けて過ごしているような、、、なので動けず
寝転んで過ごしてしまうんです。動けないから。


そして物凄い罪悪感に襲われるんです。
(できなくなった自分に対して。全く正反対になってしまった
自分を認められず、受け入れられず、責めてしまうんです。)


苦しいんですよね、この精神運動抑制という症状は。
精神的にかなりのストレスです。


これ書いたら、またベッドに戻ろうかと考えている私でした。苦笑!


あ、でもわんこの世話がるから、頑張らないと。。。