生きづらい日々

オーストラリア在住27年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

いよいよJustice of the peace(治安判事)

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:24度
最低気温:14度
お天気:晴れ(雷の恐れあり)
昨日一日の調子:±(15日間)
今朝の調子:±(16日目)
調子表はこちらクリック


夏になり、朝は随分早くから明るくなりはじめました。


それと同時に私の目もアラームが鳴る前に
自然に目覚める日が多くなってきました。


だからと言って、すっきりぃ~というわけではありません。
ずーっとベッドで過ごしていたいのは変わりません。


体は相変わらず重だるいし。


そこがうつ病の悲しい所。


いつも疲れていて、倦怠感半端なくて、すっきりすることがありません。


さて、私は出生証明書を取り寄せていたのを覚えていらっしゃいますでしょうか。


義娘(長男のお嫁さん)が、いよいよ永住権がとれるので
必要書類をまとめて私や次男からも提出しなければなりません。


そのうちの一つ、次男の出生証明書が必要なので
次男が生まれたニューサウスウエールズ州(シドニーのある州)から
取り寄せなければなりませんでした。


そしてそれがやっと届きました。(お役所仕事は遅いっ!)


詳しくは、こちらを参考にしてください。↓(クリックしてください)


義娘、いよいよ永住権
書類書き終わる


なので、今日、やっと次男と一緒に
Justice of the peace(治安判事)の元に行って
色んな書類に目を通してもらって
真実であります、とjustice of the peaceの前で
宣誓して、ハンコとサインをいただきに行きます。


私のはオーストラリア国籍証明書とForm888という書類。
Form888とは、長男と義娘、そして母である私との関係性は
偽りのない本物の関係ですと証明する書類です。


面倒くさいの書きましたよ。今の時代にいまだ手書き!
めっちゃくちゃ時間かかったし。面倒くさかったし。


次男は出生証明書(生まれながらにしてオーストラリア国籍なので
国籍証明書なるものはありません。その代わりに出生証明書があります。
日本でいうと戸籍みたいなものです)そしてForm888。


次男も書いてましたよ。笑!


そうなんです。。。


引きこもり、人恐怖症の私、外出して
人に合わなければならないんですよぉ~。


しかも宣誓までしなくちゃなりません。


ああ、今からもう精神的にダメです。


結婚して永住ビザを申請するときにもやったんですけどね。
2年間は、永住ビザがおりないんですよ。ビザ目的での
結婚を防ぐためですね。2年間はテンポラリービザ
(一時滞在ビザ)で過ごさないといけませんでした。


でも、行かなきゃ、義娘に永住権が下りないかもしれない。


長男と義娘はもう結婚してるから、永住権が下りなければ
大変な事になるから行かなくちゃ。


ああ、今から憂鬱です。


さてと、娘は起こして朝食食べさせてるから
もうすぐ髪の毛を結って、送ってこなければなりません。


この送るのでさえ苦痛なのにぃ。。。


今日は忘れ物するなよぉ~。


もう取りに戻ってやらないぞ。ふんっ。


私、うつ病なのに頑張ってますよね。。。ねっ。