生きづらい日々

重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で苦しい毎日を過ごしています。自分が何なのかわからず、自分を探しています。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

あっさりと離婚成立

オーストラリアに着いて、空港で
なるべく安い宿泊所を探しました。


シドニーの、ニュータウンというあまり治安は
よくない場所ですが(泥棒が多い)
比較的安く泊まれる宿泊所が見つかりました。


そこへは一週間だけ泊まりました。


部屋にトイレとシャワーは付いていますが
共同キッチンがあり、食事は自分たちで料理するように
なっていました。


もっと安い場所がないかと一週間の間に、宿泊所の持ち主に
相談した所、あまり綺麗ではないけれど、ゲストハウスのような
場所で、共同トイレ、シャワーになるけれど、一週間で
約100ドルという格安の場所がある事を聞き、
次にそこに移りました。


日本でいうと、丁度8畳くらいの部屋に、
シングルベッドが一つ(息子と一緒に寝ました)
小さい洋服ダンスが一つ置いてあるだけの部屋でした。


決して綺麗とは言えず、トイレもシャワーもあまり掃除がされておらず
気持ち悪かったといえば気持ち悪かったです。


でも、安さには代えられず、そこには約一か月ほど滞在しました。


そこに滞在している間、私がそこに泊まっている事を、よくしてくれた
同僚の奥さんに伝えたところ、夫に伝わってしまったようで、
毎日そこに夫から手紙が届くようになりました。


帰ってきてくれ


俺が悪かった


悪気はなかった


まだ愛している


お前しかいない


そんな内容の手紙が毎日のように届きました。


DV男の言葉は信用ならないな、と思ったのが、
約一か月くらい経った時です。


ある手紙が届きました。


その前の日の日付の手紙には


俺が悪かった。戻ってきてくれ。俺は変わった。お前しかいない。


等と書いてあったのに、その日の手紙は


結婚相手を見つけたからお前なんかとは離婚だ馬鹿女。
お前が勝手に出て行ったんだから、そいつはお前にくれてやる(子供の事)
二度と俺の前に現れるな馬鹿野郎。


そして署名された離婚届が一緒に入っていました。


あれ?前日の日付けの手紙には俺が悪かったって書いていたよね?
で、次の日には結婚相手が見つかった?馬鹿野郎?
これです、DV男はとても自分勝手な生き物なんです。


人の事を考えているようで、実は全部自分の事だけ、自分の都合だけ。
自分中心の人間で、変わると言っても絶対にウソで変われない
最悪人間です。いつもその時の自分の都合でしか生きていけないのです。


しかも息子の事をモノ扱い。
でも、息子は取られない!何よりもこれが一番!


オーストラリアに意を決して逃げた私は、随分強くなっていました。
日本にいたら、殺されるか、息子と一緒に死んでいたかでしたから。。。


すぐに日本領事館に、離婚手続きに向かいました。
手続きには日本とのやり取りもあり、
あまり覚えていませんが、必要な書類等もあって
暫くかかったような気がしますが、
離婚届けは提出できました。


離婚届を提出した旨を、同僚の奥さんに伝えました。


やった!これで開放される!


幸せな気分で一杯でした。
これから息子と自由に生きていけるんだって
その時は希望で一杯でした。


暫くオーストラリアに滞在する事に決めました。