生きづらい日々

オーストラリア在住27年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

いつの時代から

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:18度
最低気温:11度
お天気:雨
昨日一日の調子:ー1(2日目)調子表はこちらクリック


今日はまた月曜日ですね。
また毎朝6時半~6時50分には起きて
活動開始ですが、きついっ。。。(><)


弱虫の私は、誰か助けてって
叫びたくなります、、が、
当然誰も助けてはくれないので
必死です。


動くのが兎に角辛い。。。


昔、うつ病なんて全く認知されていなかった頃
怠け者なんて言われて、自分もどうして
できないのかわからなかっただろうし
そういう時代ってどうやって
うつ病の人は乗り越えてきたのでしょうね。


出来なくなった自分がやっぱり嫌いになっていたのでしょうか。


きっと今よりもうんと風当たりも強かっただろうし
色んな人から噂されて、辛かったでしょうね。。


江戸時代とかでもうつ病や引きこもりってあったのでしょうか。


ふと疑問に思います。


いつの時代からうつ病や引きこもりってあったのか
勿論うつ病、引きこもりなんて知られてはいなかったのでしょうが
昔の書物とかで、これは今でいううつ病だったんだなとか
知る機会があったら知ってみたい気がします。


字とか存在していなかったであろう
縄文時代とかでもうつ病はあったのかな。。。笑!
象形文字みたいなのはあったのかな。
象形文字からはうつ病だったのだろうとか
わかるわけないですよね。(^^;)


ごちゃごちゃ回らない頭で不可思議な事を考えていた私でした。