生きづらい日々

オーストラリア在住27年になります。重症のうつ病、PTSD(トラウマです)、摂食障害、対人恐怖症+社会不安障害(ひきこもっています)、パニック障害、記憶障害(解離性健忘症)等で治療中です。ですがどこにでもいるごく普通の人です。どうぞお気軽にお声をかけてください。ただし、非常に傷つきやすい状態ですので、批判的、攻撃的、否定的等のコメントはしないでください。貴方の心無い一言で、簡単になくなってしまう命もあるという事を念頭に置いていただければ有難いです。

キリスト教復活祭

今日の西オーストラリア州(パースのある州)で
私の住んでいる場所の天候は
最高気温:33度
最低気温:17度
お天気:晴れ時々曇り
昨日一日の調子:±(5日目)調子表はこちらクリック


昨日は受診日でした。


4日間程調子のいい日があったけどそれ以外は同じで
朝とても眠くて辛い事、体がだるくて辛い事を伝えました。


重症のうつ病だからね。。。


それで終わり。。。(^^;)


そうなんですよね。
薬はこれでもとても効いている方なので、
あとはどうしようもないんです。


眠気と毎朝戦い続けるしかありません。
そういう病気なので仕方がありません。。。(-_-)・・・


さて、オーストラリアはイースターホリデーに突入しました。
キリスト教復活祭です。


今日の金曜日はGood Friday 祝日
明日は土曜日で週末お休み
明後日の4月1日はイースター(キリスト復活の日)
月曜日はEaster Monday 祝日
娘の学校は火曜日までお休みで、水曜日から始まります。
合計5日間の連休です。


日本でいうとゴールデンウィークのような感じです。


キリスト教復活祭は、イースターエッグ(卵)やイースターバニー(ウサギ)を
沢山買ってお祝いします。


だけど、本物の卵とかウサギを大量に買ったりするわけにはいかないので
チョコレートで作った卵やウサギを買ってお祝いします。


卵料理等も作る家庭はあります。


なぜ卵とウサギなのかというと、


キリストの復活ですから、


卵は命の源
ウサギは沢山子供を産むことから子孫繁栄


それで卵とウサギなんですよね。


うちもウサギと卵のチョコレート大量買いしましたよ。

小さい子供のいる家は、それらをあちこちに隠して
エッグハントと言って、探すという風習がありますが
うちの子はもう12歳なのでエッグハントはもうやりません。
小さいころはやって楽しんでいましたが。


ただこれらの大量のチョコレートを、
起きてきたらはいっ!と渡そうと思います。


歯に悪そう。笑!


という事で、連休なので朝ゆっくり眠っていられるので
楽です。有難いです。


ゆっくりしようと思います。(^^)